雪山こもりを8年継続中だからわかるスノーボード・ライフスタイル情報サイト

リゾートバイトでスノーボード、ある日の1日【レンタル】

2020/08/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。

こんにちは!ちゃんぴーです!

今回はスキー場でリゾートバイトをした、実際に経験した職種での私の過ごし方を紹介します。リゾバに行こうと思ってるけどどんな職種がいいのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

このページでは、【レンタル】についてお話ししていきますよ!

スキー・スノーボード レンタル

働いた環境

スーパーなど買い物ができる町まで車で10分ほどのところにあるスキー場で、生活しやすかったです。

  • 雇用直接雇用バイト
  • 時給1000円
  • 勤務時間9〜11時間(通し)
  • ナイター営業なし
  • 無料で完備。個室。
  • 持ち込み可(無料)
  • 交通費支給(寮からマイカー通勤)
  • 食事昼食無料(予約制)
  • その他待遇リフト券無料(スキー保険への加入必須)、レンタル無料、その他施設内従業員割引10%、施設内の温泉無料。系列のスキー場リフト券割引。

1日の流れ(早番遅番なし・通し勤務)

6:00 起床 個室なのでダラダラしがち
6:30 朝食 自分の寮部屋で自炊
6:50 通勤 出勤のため部屋を出る(マイカー通勤)
大雪の時はかなり早めにでる。起きてから大雪に気づくと悲惨。そんな時のために運転中に食べられるパンを常備。
7:30 出勤
仕事開始
遅刻は厳禁。最悪滑走禁止!まずは前日から乾かしていたウェアやブーツを片付ける作業から。
8:00 レンタル
営業開始
ハイシーズンは開始時には行列。13:00くらいまで途切れない事もある。レンタルのピークは午前中!
10:00 忙しい 午前中はずっと忙しいが10時くらいがツアーバスの到着もあり最も忙しい。トイレも行けないほどバッタバタ。
13:00 忙しい 昼に一瞬落ち着いたかと思いきや、午後からのレンタルの列が。いつお昼食べるの?という感じ!笑
14:00 お昼休憩 交代でお昼休憩。トイレが先か昼食が先かってレベル。丸1時間一気に取れない時は30分に分けて2回とったり。
15:30 返却の列が
出来始める
その前に昼休憩と一服タイムを交代でなんとか回す。忙しすぎて笑えてくる。
16:30 ゲレンデ
営業終了
返却ラッシュ!17時までのレンタルだけど未返却がかなりいる。
17:00 レンタル
営業終了
返却終了時間だが、未返却がかなりいる!!帰れない。(みんなイライラ)更衣室や施設内を探し回り半強制的に、かつ失礼の無いようにうまく回収する。
17:30 退勤 仕事終了。たまにそれでも未返却が2、3件ある。(翌日朝出勤すると入り口にぶんながってる。ひどいでしょ、もうっ!)とにかく着替えてナイターへ。
18:30 ナイター
滑走開始
疲れてるけど空いてるし気持ちいい。雪が降り続いた日のナイターとか最高です。
21:00 ナイター
終了
早めに帰ろうと思ってても、毎回終了ギリギリまで滑ってしまう。
21:30 寮に帰る 帰ってまずお風呂に入る。個室寮なのでいつでもOKだが、ナイター後は超絶体が冷えてるのですぐ入る(笑)
22:00 板の手入れは勤務中手が空いた時にできるので、家ではゆっくりする。(寮の門限なし)
23:30 就寝 朝早いので寝られる時は早く寝る。

結構レンタルって中抜けシフトのところが多いですが、通し勤務だとこんな感じです。中抜けだとだいたい11時〜15時くらいまでが休憩になるので、その間滑れますね!

仕事内容

  • レジ打ち(慣れるとレジ締めまで)
  • レンタルの板等のセッティング
    (ビンディングの角度などの調整)
  • レンタル品メンテナンス
  • 団体客レンタル対応

スキー教室の子供達のレンタルとか、スムーズにやらないと超大変でした。ブーツの履き方や板のセッティングをしたり、滑らない人だと覚えるのが少し難しいかも。覚えちゃえばひたすらこなす仕事なので時間はあっという間に過ぎます。

メリット

暇な時間帯に自分の板の手入れができるのがかなりのメリットでした。毎日滑ってる私にはこの時間本当に大事です!

また、髪色、ネイルも派手じゃなければ自由で、キャップもOKでした。ただしホテルのロビーなどにあるレンタルショップなどは少し厳しめです。

レンタルにくる方は初心者(デビュー)の方が多いので、帰りぎわに「また来ます!」とか言われるとほんと嬉しくなりますね。デビューの日(特にお子様)は、「もう2度とやらない!」ってなるか「もっとやりたい!」ってなるかのどっちかなので。そういうの見られるのは、本当に楽しいです。

デメリット

板の手入れで手が切れたり荒れたりかなりする。

ゴンドラ営業開始前からレンタル品返却が終わるまで、拘束時間が長め。ほぼ毎日残業。返却がある程度終わらないと帰れない。

必須アイテム

ハンドクリーム
スキー場の仕事ではほんと大事!ポッケに入るサイズを常備してました!

楽な運動靴
よく動くので疲れないものが良いです!

防寒インナー
団体客対応のため寒い中外で待機することもあります。スノーボード用と兼用でもいいです!

まとめ

ところどころ取り乱しましてすみません(笑)

本当にひどいお客さんもいて、レンタル品を返却せずにゲレンデや駐車場に置きっ放しとかザラにあります。置いてあればまだましですけどね、レンタルウェアのまま施設内の温泉とかに行っちゃって(温泉の方が営業時間長い)未返却とかもありますしね。くれぐれも、レンタルする方は返却時間を守ってくださいね(^ ^)

またレンタルショップへは、レンタル品以外でも板やギアの不具合を相談しにくる方も多いです。時になんでも屋さんになります(笑)古いビンディングなどは、素材の劣化などで修理しているうちに他の箇所が壊れたりするようなケースも多いです。スタッフは最初に一声かけて了承いただくことを忘れずに!トラブルになりやすいですよ〜!!



この記事を書いている人 - WRITER -
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 30代からのSnow Life , 2018 All Rights Reserved.