雪山こもりを8年継続中だからわかるスノーボード・ライフスタイル情報サイト

機械オンチな私でもできるiPhoneを探す機能【使い方】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんぴー
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。

こんにちは!ちゃんぴーです😺

実は私超おっちょこちょいで、ひどい時には1日にiphoneを5回失くしたことがあります😅(30歳すぎてそれはやばいよね😭)

すぐ見つかる時はいいんですが、いっくら探しても出てこない最後に触ったのがいつか記憶にない鳴らしても音がしないそもそも消音モードだわオワターみたいなこと、誰でも一度は経験ありますよね?

スキー場で働いていて何回iphoneを拾ったことか…😹レンタルで働いていた時には返却されたブーツの中に入ってることもありましたよ😲お客さんにiPhoneを探す機能を教えてあげて見つけられたことが何度もあり、意外と知らない人も多いんですね。iphoneの設定ってよくわかんないから触らぬが吉!と思ったりしますが、いざ設定しちゃえば超便利な機能もいっぱいありますので私のように機械オンチな人でもサクッと使えるように簡単にお話します!

この機能では設定時・使用時ともにiCloudにサインインする必要があります。Apple IDパスワードがわかる状態で始めてください!

「探す」機能とは?

紛失したiPhoneを別のAppleデバイスやPCなどから探すことができます。iPhoneに標準搭載されている機能で、iOS12以前では「iphoneを探す」という機能でしたがiOS13では「iphoneを探す」と「友達を探す」が1つになって「探す」というAppになったようです!今回はiOS13で「探す」機能についてのお話になります!

この機能では大きく分けて以下4つのことができます!

  1. 紛失したiPhoneの現在位置を調べて地図に表示する
  2. サウンドを再生
  3. 紛失モード/ロックをかける
  4. iPhoneを消去
ぼぼさん
探すだけじゃなくて遠隔で操作できることもあるんだね!

この「探す」機能でできる4つのことについては下記のページで詳しく説明し、iPhoneの設定方法までをご紹介しています!設定していないとこの機能は使えませんので、まずこちらの記事を読んでください。

iPhoneの設定はしてあるよって方は早速、いざ探す時の使い方についてお話ししたいと思います!

他の人のiPhoneやPCから紛失したiPhoneを探す

例えば友達のiPhoneが紛失して自分のiPhoneから探してあげたいとき。または逆の立場というシチュエーションが一番多いかと思います。

「探す」AppからiCloudへサインインして探す

1.「探す」Appを開き「自分」タブを開く→「友達を助ける」をタップする。


2.操作している端末の持ち主のApple IDでサインインするかを確認する画面が自動的に出てくる。Touch IDでサインインする前に「別のApple IDを使用」をタップする。

 3.紛失した端末と同じApple ID・パスワードでiCloudにサインインする。

※iCloudでは「探す」ではなく「iPhoneを探す」のままのアイコン・表記になってます。

4.紛失した端末の位置情報が表示される。探しているiPhoneの現在位置、電源が切れてしまった場合は最終確認位置が表示される。この画面から音を出して近くにいる人に知らせたり紛失モードにして連絡先を画面に表示させたりできる。また、データの全消去を行うこともできるがこれは最終手段なので気軽には使わない方がいいと思います。

この操作はWebからも可能なのでPCからでもAndroidからでもインターネットに接続できれば行えます

Webから操作する場合は検索サイトからAppleの「iCloud」ページを検索し、上記同様サインインして「iPhoneを探す」へアクセスしてください。またはこのリンクからiCloudにサインインしてください。

自分のデバイスから探す

シチュエーションとしては少ないかもしれませんが、自分のApple製品を自分で探す場合はもう少し簡単です。

1.「探す」Appを開き「デバイスを探す」タブを開く。iCloudにサインインしている状態であれば検索可能なデバイス一覧が表示されるので該当のデバイスを選択する。


2.紛失したデバイスの位置情報が表示される。各種操作もここからできる。

ぼぼさん
めちゃくちゃ簡単だけど、やっぱり他の人の端末を探すってシチュエーションの方が多いよねぇ🤔
みみこさん
そうだね、こっちのタブはなかなか使う機会が少なそうだわ

おまけ。「人を探す」タブは何?

このタブでは位置情報を共有したい人にフォローリクエストを出し、相手が承認したら位置情報を共有できます。相互フォローになるとリストに名前が表示されるのでタップすると地図上に表示されます。共有する用事が済んだらリストから友達を削除することも可能です。

端末を紛失した際にここから探そうとする時には、事前にお友達登録の状態になっていないと意味ありません。逆に言うとお友達登録されていれば、簡単に探すことはできます。

なのでどちらかというと待ち合わせをするときなど、お互いがどこにいるのかを知りたい時なんかに役立つ機能ですね。

まとめ

私、おそらくiPhoneの良いところを活かして使うことが全然できてない自信がある、絶対持ち腐れてる自信がある(そんな自信いらないヨネ)のですが、この「探す」機能に関してはめちゃくちゃ使ってます。スキー場みたいに日常と離れた場所に行くとみんな気持ちが浮ついてるのかな?すっごい失くすの😂でもこれで紛失した時にあせらず行動できますね!お友達や家族ももちろんですが、iPhoneを失くして困ってる人がいたらぜひ助けてあげてね!そこから生まれる出会いもあるかも?💘

以上、あらぬことに期待を持つ30代女子スノーボーダーが機会オンチでもわかる超簡単な内容でお送りしましたー🙋

この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんぴー
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 30代からのSnow Life , 2020 All Rights Reserved.