雪山こもりを8年継続中だからわかるスノーボード・ライフスタイル情報サイト

リゾバでスノーボードたくさん滑れる?その1

2020/08/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんぴー
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。

こんにちは!ちゃんぴーです😊

みなさま、リゾートバイト(リゾバ)と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

リゾート地でワイワイ♪出会いもあり❤️楽しそう😆旅行しながら働けちゃう🏂しかも住む所も食事もタダお金もたまる💰サイコー‼️

私はそんなイメージでしたそして実際、そんな感じでした\( ˆoˆ )/

というめでたい記事ではなく、ここからが本題です(笑)

そもそもリゾートバイトとは?

すごくキラキラしたイメージがありますが(私だけ?笑)、リゾート地に特化した派遣会社です。一社会人としてやるべきことは一般的な派遣会社と変わりありません。(残念ながらこれを勘違いして浮ついた気持ちで来る方が多いのも事実です😥)しかしリゾート地という日常とは少し違う雰囲気でのお仕事になりますので、やはり多少の高揚感はありますよね。現実逃避のような感じでリゾバにハマった方も少なくないと思います。なので気持ちはわかります。要は浮かれ過ぎずに、楽しく、けどお仕事はちゃんとやりましょうね、ということです!(笑)

勤務先

日本全国から、稀に海外の案件もあり。主にリゾート観光地にある旅館やホテル、スキー場、関連施設、サービスエリア、テーマパークなど。

雇用期間

週末だけの単発・短期の案件から長期の案件まで様々。ただしスキー場を希望の場合には、ほとんどの施設でシーズンオープンからクローズまでの短期になる。夏営業をしているスキー場もあるので、希望を出せば夏も雇ってくれるところもあるが、冬営業終了から夏営業開始まで一旦仕事がなくなるところが多いため、契約終了にせず更新してくれるところはかなり稀。

待遇

リゾバは「生活費0円」を売りにしているところが多い。かかっても少額の施設がほとんど。

  • 寮完備(個室から相部屋まで色々。ほとんどの施設は利用料・光熱費ともに無料)
  • 食事完備(3食無料のところも多い。有料でも1食300円前後くらい)
  • 勤務先の一部施設を無料や格安で利用可(スキー場リフト券やレンタル無料、温泉無料など)

時給制のところが多い。リゾート地は一般的なアルバイトよりも時給が高い施設が多い。(※職種による)ただし同じ派遣先でも派遣会社によって時給が違うことはよくある。また経験によっては同じ派遣会社でも時給を上げてもらってる人もいる。

職種

職場によるが主に接客・サービス業。ほとんどが観光にくる方をおもてなしする仕事なので、国内外のお客様へ柔軟な対応が求められる。英語など外国語が話せる人への優遇がある施設もある。話せなくても、勉強したい方はとても良い機会になる。

リゾバのはじめ方

①登録〜派遣先決定まで






リゾートバイトを扱っている会社はたくさんあります。ネットで「リゾートバイト」、「リゾバ」などで検索してみて、とりあえず求人案件を見てみてください。希望するだいたいのエリア・場所を決めて検索し、気になる案件があったらまずその派遣会社に登録してみましょう。自分が住んでいるところの近くに事務所がある場合は出向く必要があったりします。私が登録した数社は全て、検索したら一度は聞いたことのあるような有名なところですが、

この3パターンのどれかでした。マイナンバーの取り扱いによって多少の違いはあるかもしれません。私が知る限り、登録するだけなら無料のところがほとんどなので、何社か登録しておくと契約終了時に新しい仕事を探すための選択肢が増えます。

求人相談に関しては、ある程度自分でネットで探しておいてから相談するとスムーズです。気になった案件は求人番号を控えておきましょう。

また、個室寮希望、駐車場利用可など、自分の中でお仕事を探す上での優先順位を決めて伝えておきましょう。決定してから「そういえば駐車場あったっけ?」「え、個室だと思ってた、個室じゃないなら別のところにして!」と変えられては、信用問題にも関わります、迷惑になりますので最初から言ってください。スノーボードを目的として行く方は、それも伝えた上で休みやシフトの状況も確認してもらいましょう。行ってみたら実際全然滑る時間がなかった、というのもパターンです。

②派遣先決定〜現地へ移動まで

お仕事をする場所が決まったらいよいよ移動です。派遣会社にもよりますが、担当者とは会ったことがなく電話で話した事しかないというのは珍しい事ではありません。集合時間や行き方、派遣先の担当の方の名前や連絡先など必要なことは事前にメールなどでしっかり教えてもらえますが、行動は自分自身でしなければなりません。あくまでも仲介です。派遣先まで引率してくれる担当者は基本いません。(団体で移動などの時はいる場合もあります)

③仕事開始〜契約終了、次の仕事決定まで

期間中、聞いてたのと違う!などトラブルはよくあります。不安なことはすぐリゾバの担当者に相談してみましょう。また、現地ではいろんな派遣会社から人が集まりますので、仲良くなって詳しく聞いてみるのもいいと思います。中には派遣のバイトリーダーのような、給与明細を派遣企業から預かったり勤務管理をしてくれる人もいたりします。

契約終了が近づくと、更新や次の契約の話が出てくると思います。早め早めに考えて、なるべく期間をあけずに決定すれば、給料も安定しますし有給や保険のための期間カウントにも影響しません。具体的に期間が何日あいても影響しないかは、派遣会社に直接聞いてみてください。

まとめ

リゾバとはなんぞや?ということがある程度わかりましたでしょうか。思っているより簡単に登録でき、担当者の方も親身にお仕事探しを手伝ってくれます!気になった方は登録だけでもしてみてください😀いつか思い立った時に役立つはずです!

ではそのリゾバで実際スキー場に行ってみて、滑れるの?どうなの?というところ、「その2」に続きます!お楽しみに!!

リゾバでスノーボードたくさん滑れる?その2

この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんぴー
脱サラしてスノーボードのある生活を選んだ、30代独身女子。8年間雪山こもり中。人と違う生き方をするのは色々大変だけど、たくさんの経験をして今の生活が自分に合っていることを実感し、転職経験が多いのは強みだと確信している。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 30代からのSnow Life , 2018 All Rights Reserved.